Mackerel のサービスメトリックで Resque のキュー数を可視化してみる

Resque で非同期処理をすることが多いので、Mackerel のサービスメトリックで Resque のキュー数を可視化してみた。

ソースコード

各キューごとのキュー数と、その合計値をサービスメトリックで登録するようにしている。

使い方

cron で1分毎に実行するようにする。

結果

f:id:holidayworking:20171008103215p:plain

f:id:holidayworking:20171008103223p:plain