読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Riak MapReduce を Elixir で書いてみる

前提条件

  • CentOS 7.1.1503
  • Riak 2.1.1
  • Erlang/OTP 18.0
  • Elixir v1.0.5

事前準備

Erlang/OTP のインストール

Elixir を動かすためには Erlang/OTP 17 以降のインストールが必要となる。今回は Erlang Solutions レポジトリを追加して、Erlang/OTP 18.0 をインストールする。

$ wget http://packages.erlang-solutions.com/erlang-solutions-1.0-1.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh erlang-solutions-1.0-1.noarch.rpm
$ sudo yum install erlang

Elixir のインストール

最新の安定版である v1.0.5 の CentOS 用 RPM が公開されていなかったので、GitHub で公開されているコンパイル済みのアーカイブを使う。

$ wget https://github.com/elixir-lang/elixir/releases/download/v1.0.5/Precompiled.zip
$ sudo unzip Precompiled.zip -d /opt/elixir
$ export PATH=/opt/elixir/bin:$PATH

Riak MapReduce を書いてみる

今回は指定したバケットのキー一覧を取得する MapReduce を Elixir で実装する場合は、下記のようなコードとなる。

defmodule MapReduceExample do
  def get_keys(value, _, _) do
    [{:riak_object.bucket(value), :riak_object.key(value)}]
  end
end

これを map_reduce_example.ex というファイル名で保存してコンパイルする。

$ elixirc map_reduce_example.ex

コンパイルが終わると Elixir.MapReduceExample.beam が生成される。このファイルを /usr/lib64/riak/lib/basho-patches にコピーして Riak を再起動する。

$ sudo cp Elixir.MapReduceExample.beam /usr/lib64/riak/lib/basho-patches
$ sudo service riak restart

あとは下記のように MapReduce を実行する。

$ curl -XPOST localhost:8098/mapred \
  -H 'Content-Type: application/json'   \
  -d '{"inputs":"training","query":[{"map":{"language":"erlang","module":"Elixir.MapReduceExample","function":"get_keys"}}]}'
{"training":"bar","training":"bam","training":"baz","training":"foo"}